シミ化粧品、20代の頃から始めよう

美容を気にする人にとって、肌に出来るシミというのはまさに天敵とも言えるもの。 加齢と共に知らないうちに出来てくるシミは、顔に出来れば老化を感じさせ実年齢よりも老けてみられる原因にもなります。

シミが出来てから対策を立てていたのでは遅いです。シミはできる前にあらかじめ予防をしておくことが重要なのです。 シミの対策というのは、30代になってから始めるのでは遅く、20代のうちから始めておくのが理想と言われています。シミの原因となるのは、紫外線などの影響によって発生するのがメラニン色素です。
シミを消す化粧品、失敗しない選び方は?

若い頃に日焼けなどを頻繁に繰り返す人ほど、紫外線による細胞の劣化やメラニンの発生が頻繁に起こって、年を重ねた頃にシミが出来やすくなると言われています。

一般的に言われているシミ対策というのは、やはり紫外線を避けることです。出来る限り直射日光の下へ出るのは避け、日中の移動の際には日傘を利用したり、日傘が無いのであれば商店の庇の下を通るなどといった対策が効果的です。

また、外出の際には日焼け止めを利用するというのが最も有効な手段です。日焼け止めには、効力によって何種類も商品があります。SPFやPAと表記されていますので、外出の時間やその日の紫外線量に合わせて利用すると、肌への負担を最小限にしつつしっかりと日焼けを防ぐことが出来ます。

また、日々の食事から肌のターンオーバーを促進させたり、抗酸化物質の含まれている美容効果の高い食材を摂取する方法も並行して行いたいところです。

肌に良い成分として有名なのが、ビタミンC。レモンやブロッコリー、ゴーヤなどに多く含まれていて、シミの原因となるメラニンの沈着を抑え、現在出来てしまっているシミに対してもメラニンの還元することでシミを薄くすることが出来ます。

うなぎやモロヘイヤ、かぼちゃ、人参などに含まれるビタミンAも効果的で、これは肌のターンオーバーを促進させシミを消す効果が期待出来ます。他にも抗酸化物質と呼ばれるベータカロチンやポリフェノールといった成分を摂取することも良いでしょう。 若い頃からこれらの食事や対策を行うことで、40代50代になったときに大きな違いを実感することが出来るでしょう。

美白・シミ・お肌の色と皮膚がんとの関係性について

同じ量の紫外線を同じところで浴びたとしても、人によって日焼けの仕方は異なってきます。実は日本人の日焼けの仕方には3つのパターンがあり「スキンタイプ」とも呼ばれています。

まずスキンタイプ「Ⅰ」ですが、このタイプでは紫外線を浴びてもお肌が赤くなるだけで完結し、黒くなったり褐色になったりしません。日本人の17%程度がこのタイプと言われています。

次にスキンタイプ「Ⅱ」ですが、これは紫外線を浴びることにより、まず赤くなって、その後褐色に移行するタイプです。日本人に一番多いのがこのスキンタイプ「Ⅱ」であり、日本人の70%を占めています。

3つめがスキンタイプ「Ⅲ」です。このタイプは、紫外線を浴びても赤くなる事が少なく、いきなり褐色に焼けてしまうタイプです。日本人では少ないタイプで、約13%を占めています。

何故このような違いがあるかというと、メラニン色素という細胞を合成する能力の差に起因しています。実はこの能力というのは、遺伝的要因で決まっています。

メラニン色素を合成する能力が高ければ、紫外線を浴びたお肌はすぐに黒褐色に焼けますが、逆にこの能力が低いと、お肌は赤くなって、褐色になりにくいのです。

また、このメラニン色素が過剰に生成されると、いわゆる「色素沈着」を起こして、シミ等になってしまいます。これを聞くと、メラニン色素があまり作られないほうがシミが出来にくいからいいのでは?、と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、このメラニン色素にはお肌の細胞を紫外線から守るという、優れた能力があります。スキンタイプ「Ⅰ」のように、メラニン色素を合成する能力が低い方は、お肌が紫外線に対して弱いため、皮膚がん等になるリスクが高いというデメリットがあります。

例えば、黒人の方よりも白人の方のほうがメラニン色素の量は少ないため、皮膚がんの発生率も高くなっています。同じ量の紫外線を浴びても、お肌の色や人種の違いによって影響度が異なってくるのですね。

美白・シミ・紫外線が与える悪影響について

紫外線(UV)というのは、人体、特にお肌関連に対する有害性が高い、と言われています。

例えば、同じ地球でも太陽からの紫外線照射量が多いニュージランドのような南の地域、同じ日本でも南国沖縄や九州等に住んでいる方々のほうが、ロシアや北海道、東北といった地域に住む方々よりも紫外線を浴びる量が多いため、統計的に皮膚がんや、免疫力低下による感染症、白内障等になる比率が高くなっているのです。

特に皮膚がんは、紫外線の影響で起きる疾病で最も気をつけなければならないものです。 細胞の活動が活発な若い時は、逆に紫外線による皮膚がん発症率が高くなります。大げさでなく、赤ん坊の時から、ある程度の紫外線対策は行っておくに越したことはないのです。

紫外線は、その波長の長さにより「A」「B」「C」の3つに分類されます。この中で皮膚がんの原因となり得るものが、「B」「C」の2つになります。

ですが、現在の所、「UV-C(紫外線C)」は地上には殆ど到達しておらず(オゾン層破壊の影響で今後は分かりませんが)、真夏の晴れた日等に多量に照射される「UV-B(紫外線B)」をいかに防ぐかが、皮膚がん予防において重要となっています。

また、「UV-B」の悪影響として、体の免疫力を低下させて、感染症等にかかりやすくしてしまうという点が指摘されています。ヘルペス等の症状が、紫外線を大量に浴びた後に出やすいのはこれが原因とされています。

加えて、紫外線を浴びると、人間の体には「活性酸素」という物質が発生し、疲れを感じやすくなってしまいます。

「白内障」についても「UV-B」が原因の1つとされています。悪くすれば失明の可能性もある白内障の2割は、「UV-B」が原因と言われています。白内障の発生率も、紫外線照射量が多い地域ほど高いという統計が出ています。

シミやシワ、たるみといった、女性には気になるお肌の症状も、紫外線が影響しています。常日頃から、紫外線対策を充分に行っておくようにしましょう。

このページの先頭へ