シミの原因となる注意すべきもの

女性が恐れる肌荒れの症状「シミ」。これは出来てから対策するのではなく、それ以前にしっかりと対策をしておいて、予防することが最も効果的です。予防するためにはまずは原因を知ることが大切です。ではシミを起こす原因になるものをこれからご紹介します。

シミの原因の一つめは紫外線です。紫外線が長時間当たるとお肌にメラニン色素が作られます。それが色素沈着して長年溜まったものが、年を取ってから急に肌に表れてくるのです。

二つ目はニキビによる炎症が原因で起こります。炎症が強いとニキビ跡が段々黒くなっていきシミになる場合があります。ニキビは潰したりせずになるべく炎症を悪化さえないように気を付けましょう。

三つ目はバランスの悪い食事によるものです。乱れた食生活は肌には悪影響であり、血液の循環が悪く新陳代謝を低下させます。これにより肌のターンオーバーが上手くいかなくなり、シミができやすくなります。

同様に睡眠不足もシミを進行させます。睡眠不足は眠っている間に行われる新陳代謝を妨害することになるので、これも肌のターンオーバーが上手く行われずシミを促進させます。

そして四つ目が乾燥によるシミです。肌は乾燥すると水分を失い角質層が硬くなるのでさらなる乾燥を招きます。特に乾燥肌の人は気を付けてください。乾燥すると水分を奪われてコラーゲンも失います。そうするとメラニン色素が肌に沈着して、シミができやすくなります。

このように肌のシミの原因は一つではなく、いくつもの原因が考えられます。一つだけ改善しても駄目なので、思い当たる原因があるようならすべて対策を行ってください。

紫外線ならUVカットグッズ活用、ニキビならスキンケアをする、生活習慣のせいなら日頃の不規則な生活を見直す、乾燥肌なら保湿化粧品にこだわる…などして、しっかりと自分の原因に見合った対策を取りましょう。そうすれば将来できるはずのシミを防ぐことができます。シミの原因となりそうな点を早めに見つけることが大切ですね。

このページの先頭へ