種類が違うシミとシミへの対策

シミにはたくさんの種類があるということをご存知ですか。おそらく知らない人も多いと思いますが、シミには数種類のタイプがあるのです。そしてそのシミの種類によって効果的な対策は違ってきます。

シミによってはあなたが行っている対策方法はもしかしたら何の意味もないかもしれません。シミを治すためには、シミの種類を自分なりに理解し、それに合わせて対策を取ることが大切です。そうすることにより、効果のあるシミ対策ができるのです。

まずポピュラーなシミとしては「肝斑」があります。頬や口元、目尻などに出来る左右対称のシミです。これは女性ホルモンが大きく影響していています。肌を刺激すると良くありませんので、これ以上増やさない為にも紫外線対策をバッチリ行いましょう。

次に「老人性色素斑」は日焼け記憶シミとも言われる30歳以降になってからできるシミです。肝斑と違って左右対称ではありません。若い頃に日焼けをした分が後々に肌に表れてくるシミです。初めは茶色いですが、後にどんどん濃いシミになります。これは化粧品では対処できないので専用の施設にてレーザー治療を受けることがオススメです。

次に「くすみじみ」は肌に古い角質が付着して肌がざらざらになるシミです。これができると肌に透明感が無くなってしまいます。角質除去が大事なので、洗顔の中でもピーリング効果の高いものを使ったり、スキンケアをしっかりと行う事が大切です。

次に「炎症性色素沈着」は年齢に関係なくできて、ニキビの炎症後にそれが色素沈着してシミになります。必ず紫外線に当たらないように気を付けて肌を守り、ケミカルピーリングをしましょう。予防のためにはニキビを悪化させないことが大切です。

シミにはたくさんの種類があり、上記で紹介したものだけではありません。自分のシミがどのようなシミなのかをしっかりと知りましょう。そして正しい対策をしてシミを取り除いて下さい。シミができると顔をフケこませる大きな要因になるので、十分なシミ予防&対策を取りましょう。

このページの先頭へ