シミの原因と美白になる方法

もう夏も終わりだから、日焼けの心配もないし、肌も焼けなくなるから大丈夫!と思っていませんか?これは大きな間違いです。肌を痛める紫外線は一年中降りそそぐため、肌のケアは一年中続ける必要があるのです。

美白やシミのない肌になるには一年中の努力が必要になるのです。では、そのスキンケアはどうすればいいのでしょうか?やり方を知らない人も多いですし、間違えた方法で続けてしまうと余計に肌が悪くなるので注意です。この機会に、美白ケアについての正しい知識を覚えましょう。

美白のための大事なのことは、どうすれば美白になり、どうするとシミになるかを理解することです。肌にはメラニン色素というシミの元がありますが、紫外線を浴びると黒の色素を持つメラニン色素は活性化し、肌が黒くなります。これがシミの原因です。

となると、シミの発生は紫外線を浴びないようにすること。メラニン色素を活性化させない為にも、肌に当たる紫外線を完璧にブロックしていくことが必要です。日傘を指したり、日焼け止めをこまめに塗るなどして紫外線を防ぎましょう。

しかし、シミを減らしても、美白にはまだ足りません。美しい透明感のあるお肌を作り上げる必要があるのです。肌の状態は外側からではなく内側からのケアが左右します。 つまり、ちゃんとした栄養分を毎日の食事からとらないことには、美しい肌はできません。美しい肌になるための栄養分とは何でしょうか?

それは、ビタミンやミネラル・タンパク質です。ビタミン類は新陳代謝を促し、肌を綺麗に保ちます。タンパク質は肌を構成する物質ですから、良質なものを取りましょう。肉だけではなく大豆製品の豆腐や豆乳も効果的です。ビタミンなどの栄養分はたまに取るくらいではとてもじゃないですが足りません。偏った食生活を改善し、日常的に栄養バランスを考えた食事にする必要があります。

以上により、美白でシミのない肌を作るには、紫外線のブロックと、バランスの取れた食事が大事であることを十分に理解してもらえたのではないでしょうか。初めは面倒だと思っても、習慣づければ努力している気もないのに美白になってきます。美白目指して頑張りましょう。

このページの先頭へ